読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水上機母艦 千歳・千代田 試作しました 本革手縫い

千歳型(千歳・千代田) 革仕事

こんばんは、コンセプトシリーズの製作を担当している黒猫です。

今回は新作、水上機母艦 千歳&千代田モチーフのバッグチャームを製作してみました。

 

f:id:Leather_kuroneko:20160223163453j:plain

 

チェーンを長めに付けていますので、バッグチャーム以外の使い方も出来そうですね。

詳細については続きからどうぞ。

 

デザインのラフが来た時に、「これを手作業で作るのか…」と思いました。

本来であればこうしたほぼ曲線で表現された物は、抜型を使って作ります。なぜなら一枚の革でも繊維の方向によって伸縮性が違いますし、革包丁は本来曲線を切る事には向いていないからです。革はある程度の厚みと硬さ・伸縮性があるので、カッターで紙を切るのとはわけが違います。

しかしながら工業製品のように大量生産するわけでもなく、本当に欲しいと思って下さる方のみに製作しておりますので、あえて全て手作業でやってみました。

 

また、抜型でもこのようなほぼ曲線のものは、かなり高額になってしまうというのも理由の一つでもあります。左右対称ですが、全ての曲線のRが微妙に違うので…。たくさん売って利益を出すような企業なら抜型とミシンでしょうが、私どもは「価格を出来る限り押さえて」頒布したいと考えて活動しておりますので。

 

というわけで、数種類の革包丁と専用に研いだ刃物を使い、微妙な曲線を切り出してみました。力加減と革の性質を考えながら、曲線が美しく出るように。

f:id:Leather_kuroneko:20160223165105j:plain

こんな感じに切り出しています。

裏面はこうなっています。

f:id:Leather_kuroneko:20160223165220j:plain

 

裏面は画像では黒く見えるかもしれませんが、濃紺です。

ピッチが細かいので意外と縫う量も多かったです。糸目も曲線になるようにヒシメを打ちましたが、糸のラインが本体のカーブと和して、美しくなるように出すのは苦労しました。

画像一枚目のものを見ていただくと分かりやすいですが、リボン上部部分も微妙に糸がカーブしています。直線部分は二か所しかないです…裁断もヒシメ打ちもかなり気を遣いました。こういった細かいこだわりが、一個としての作品の質を上げるのかなぁと思いますが、作るのは大変です。

 

さて、いつものように素材などを。

 

オモテ面

 

ウラ面

  • 牛革クロム鞣し

 

コバ塗装(中破をご存じの提督なら分かると思います)

  • 千歳・ホワイト
  • 千代田・ブラック

 

縫い糸

  • 紺・ラミー(麻糸)
  • 赤・ラミー(苧麻)

 

なお、本作品は試作となるため、製品版にする際に金属タッセル部分の変更を予定しています。ご了承ください。 

 

ちなみに、軽空母(迷彩ver.)は形は同じで、オモテ面がスウェード革から迷彩染めされた牛革に。また、縫い糸は赤に、飾りストーンカシメがグリーンになる予定です。

ウラ面は濃紺のまま変更なしです。

f:id:Leather_kuroneko:20160223172013j:plain

 

現在、通常の仕事に加え受注も頂いておりますので、出来上がりはまだ先になると思いますが、完成しましたら記事にしようと思います。

 

 

素材や技術的なご質問がありましたら、黒猫宛にお声かけ下さい。

 

ご注文やイベント出展、新作、デザインに関するご質問はかおり宛にご連絡下さい。

(当ブログ内画像の無断転載等お断りさせて頂いております。どうぞご理解いただきます様お願い致します。)