読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本革手縫いレザークラフト入門 縫い方編・片手縫い(レーシングポニーを使わない縫い方)

革仕事 革道具

こんばんは、サークルKuronekoの製作を担当している黒猫です。

前回の糸の通し方編から間が空いてしまいましたが、今回はようやく縫い方を紹介したいと思います。

 

f:id:Leather_kuroneko:20160505191652j:plain

 

 

色々なサイトでレーシングポニーを使った縫い方は紹介されていますが、レーシングポニーはちょっと高価なこともあり、初心者には揃えづらい道具かなと思います。

レーシングポニー以外にも、万力や何かで固定して両手縫いすることも出来ますが、とにかく最低限の道具で手縫いを、というコンセプトで片手縫いを紹介していきます。

 

f:id:Leather_kuroneko:20160505192055j:plain

 

まず、ヒシメを空けた端の穴に針を通します。表からでも裏からでも出来ますが、表から通した方がやりやすいと思います。

 

f:id:Leather_kuroneko:20160505192231j:plain

 

このように、二本の糸が同じ長さになるように調節します。

 

f:id:Leather_kuroneko:20160505192339j:plain

 

次に、左手で本体を持って、右手で針を隣の穴に通し一目進めます。

 

f:id:Leather_kuroneko:20160505192504j:plain

 

そのまま引ききってしまいます。表側の糸が一目進んで、裏の糸はまだ一目手前にある状態です。

 

f:id:Leather_kuroneko:20160505192638j:plain

 

裏側の糸を、裏側から表側に向かって一目進めます。

 

f:id:Leather_kuroneko:20160505192705j:plain

 

表から見るとこうなります。この際、先ほど一目進んだ表側の糸の、画像で見て上側に針を通します。ヒシメで空けた菱型の上部分に通す感じです。

 

f:id:Leather_kuroneko:20160507111247j:plain

 

こちらも引ききって、

 

f:id:Leather_kuroneko:20160507111325j:plain

 

両側の糸を持って、少し絞めます。

硬い革の場合は糸が浮かない程度に引きますが、柔らかい革の場合は引き過ぎると糸が革に埋もれる感じになります。

どういった具合にステッチを出していきたいのかによって、この締め具合を調節していきます。

 

これで、ようやく一目縫い終わりました。あとは、この作業を繰り返して行くだけです。同じ力具合で絞めていかないとステッチが浮いたり沈んだりしますので、正確に糸を進め、いつも同じ力で引き、繰り返します。

このキットの場合は約100目ありますので、縫いの作業はこれを約100回繰り返せば終わります。慣れないと数時間かかったりもしますが、こればかりは何度も繰り返して手に覚えこませるしかないと思います。

もちろん、レーシングポニーを使って革を固定し、両手で縫えば早くなりますがこちらの方が熟練には時間がかかるかと思います。

 

とにかく正確に、飽きずに繰り返す作業が手縫いです。

 

f:id:Leather_kuroneko:20160507112503j:plain

 

今回のキットの革は牛ヌメでしたが、端の繊維の粗い部分だったので縫い上がりがあまり綺麗には出ませんでしたね(汗

ペットボトルを吊るすという構造上、糸を締めないとゆるくなってしまうので締めましたが、革が波打っています。これを波打たないように縫うことも出来ますが、そうすると重いボトルを何度も吊るしているうちにホールド力が弱くなります。

こればかりは革の性質が用途に合っていなかった、と言うしかないかなと思います。

 

実際に何かをオリジナルで作ろうと思った時に、どんな革を選び、何を作るのかを決めるのは重要です。柔らかい革はその柔らかさを生かし、硬い革はその硬さを生かします。

また、革の厚みやその部位によっても性質が変わってきます。初めてレザークラフトをやろうと思った時に、最小限の道具で出来るのはこうしたキットですが、中に入っている革を選べない不自由はあります。

逆に、革を購入して切り出しから自分でやろうと思うのであれば、道具は革包丁をはじめとして揃える必要がありますし、型紙を作る技術も必要となってきます。

 

こうして書くと、レザークラフトはちょっと敷居が高いような気もしますが、道具と技術さえあれば何でも作れる面白さもあります。

 

以上、長々と書きましたが、クロネコレザーこと黒猫でした。

 

f:id:Leather_kuroneko:20160507115523j:plain

 

 

Twitterもやっています。

 

ご注文やイベント出展、新作、レザーシリーズのデザインに関するご質問はかおり宛にご連絡下さい。

(当ブログ内画像の無断転載等お断りさせて頂いております。どうぞご理解いただきます様お願い致します。)